興信所・探偵事務所の仕事

悪徳業者トラブル

コールセンター心配事を解決するために利用する興信所・探偵事務所ですが、反対にこれらに対するトラブルや相談も国民生活センターに数多く寄せられています。近年増えているのが、出会い系サイトや未公開株に関する消費者トラブルを解決することをうたい、不正に探偵事務所を名乗る業者です。探偵のできる業務はあくまでも調査とその報告ですから、例え、相談を受けた案件に、法的な問題が見つかったとしても、法律に踏み込んで解決する権利はありません。それにもかかわらず、不正な業者に対する返金請求や解約交渉を行うことをにおわせる探偵事務所が後を絶たないことが問題となっています。

探偵の業務は2007年に施行された探偵業法に詳しく定められ、探偵業を名乗る場合には届け出が必要となっています。自分から探偵業者にトラブル解決を依頼しないように心掛けていても、不正な業者からトラブル解決の勧誘がくることがあります。特に過去に未公開株などで、被害にあったことのある人は要注意です。被害金を取り戻せると持ちかけて、調査費用とされる更なる料金をだまし取られるといった被害が相次いでいます。インターネットの普及に伴い、情報が溢れる中で、消費者自らが自力で情報を得て解決する方法がたくさんあります。また、自分に非があると感じている場合の被害は、なるべく穏便に解決したいと思う人が多いのが事実です。そのような状況をたくみに利用して、探偵事務所を名乗り、相談にのると持ちかけ、不正にお金をだまし取る悪徳業者が後を絶たないのです。

最悪の事態の未然防止

おばあちゃん子供の結婚相手を心配し、結婚前にこっそり調査をする依頼も多いです。例えば、交際期間が極端に短く、相手が結婚を急いでいる場合、親は将来の家族となる人物の事を何も知らないわけですから、不安を抱えるものの、せっかくのおめでたい話をむげに反対するわけにもいきません。特に、わが子がまだ若かったり、異性との付き合いの経験が浅かったりする場合は心配です。子供に悪いと思いながらも、実際に興信所や探偵事務所に調査を進めてもらうと、相手には離婚歴があって子供がいることを隠していたり、多額の借金を抱えていたりすることが発覚する場合があります。結婚する当人でさえ、隠されていた驚愕の事実を知り、考えを改め、結局破談になったという事例もあります。

また、家族の家出に関しての調査依頼も多いです。家族と連絡が取れなくなり、心配だが警察に届けるのは思い留まってしまう場合に、興信所や探偵事務所が助けになります。調査を進めると、いなくなった当人に何かしら思い悩むことがあって、日常生活を離れてあてもなく、所持金がつきるまで放浪していたといったケースが結構あります。あるいは、危険な人物と行動を伴にしていて、そのままにしておけば、いずれ犯罪に巻き込まれたり、罪を犯してしまう危険があったりする場合もあります。これらの場合、早めに家族が調査を依頼することによって、本人が発見できれば、未然に自殺や事件が起きるのを防ぐことができるのです。

興信所や探偵は、事実を判明させることだけでなく、早期に事態を明らかにすることによって、最悪の事態を招かないようにする大きな役目も果たしています

参考HP / 調査依頼例

調査依頼例

ホテル実際には、どのような人がどのような状況のもと、興信所や探偵事務所に調査を依頼するのでしょうか。まず、婚姻相手の浮気調査は最も多い事例のひとつです。家庭内で、夫婦のどちらか一方が浮気に走り始めると、帰宅時間が遅くなる、外泊が増える、わが子に興味を示さなくなるなど、これまでの生活態度に変化が現れ、もう一方が不審感を持つことが多いようです。

調査依頼を受けた会社は、調査対象者の行動を追跡します。通常依頼者が怪しいと感じている曜日や時間帯に焦点をあて、気付かれないように必要に応じて電車やタクシーを乗り継ぎ、後を追跡します。そして、浮気の証拠となるべく写真や映像を撮影します。浮気相手と落ち合って、手をつないだり、ホテルに出入りしたりするなどの場面が決定的な証拠となります。また、自家用車で出かける際が怪しいということであれば、車両にGPS装置をこっそり装着することもあります。

調査の結果、婚姻相手の浮気が明らかになった場合、精神的ダメージは大きいものの、早めに事実を明らかにしたことで、家庭内での話し合いを持つことができ、浮気期間を長引かせることなく、早々に不倫関係を断ち切って、離婚という最悪の事態を免れたといった例も数多くあります。また、残念なことに調査の結果、離婚するに至った場合でも、浮気現場の映像が証拠として残っていれば、慰謝料の請求が可能となります。

参考HP / 浮気慰謝料

興信所とは

女性興信所とは、特定の企業や個人の信用について調査する組織であり、日本では明治時代に大手の銀行グループによって設立されたのが始まりです。

従来興信所が行ってきた業務は、企業から依頼される、雇用に関する身辺調査、取引先の信用調査など、主に経済関係調査です。一方探偵事務所では、個人の行動、例えば浮気、犯罪歴、結婚、行方などの社会関係調査を主に行ってきました。興信所の調査法が調査する相手に直接聞き取りを行った上で、後から裏付け調査を行うスタイルなのに対して、探偵事務所では調査対象の人を尾行したりして行動を監視して証拠を集めた後、裏付けをとるといったスタイルです。

興信所の調査では、調査員が調査対象者に接する場合には、名刺などを提示して身分を明かします。調査内容も、社会的な信用調査という性質上手がかりが多く、ある程度までの調査で済むことが多いので、費用もあまり高額にはなりません。それに対し、探偵は調査内容が浮気や行方調査などの場合が多く、調査対象者に気付かれないように身を潜めながらの調査となります。また、手がかりが充分にはない中で、時間と手間をかけて追跡・聞き込み調査をするので、高額な費用になるのは止むを得ません。しかし、現在ではどちらも法のもとで探偵業の適用を受けている上に、双方の調査内容に垣根がないのが実態です。従って、世間では興信所と探偵事務所の違いを明確にして名称を使い分けるといったことは少なくなっています。つまり、興信所といえば、探偵事務所も含まれ、探偵事務所といえば、興信所も含まれるのが暗黙の了解であるといえます。

参考HP / 調査依頼例