興信所・探偵事務所の仕事

悪徳業者トラブル

コールセンター心配事を解決するために利用する興信所・探偵事務所ですが、反対にこれらに対するトラブルや相談も国民生活センターに数多く寄せられています。近年増えているのが、出会い系サイトや未公開株に関する消費者トラブルを解決することをうたい、不正に探偵事務所を名乗る業者です。探偵のできる業務はあくまでも調査とその報告ですから、例え、相談を受けた案件に、法的な問題が見つかったとしても、法律に踏み込んで解決する権利はありません。それにもかかわらず、不正な業者に対する返金請求や解約交渉を行うことをにおわせる探偵事務所が後を絶たないことが問題となっています。

探偵の業務は2007年に施行された探偵業法に詳しく定められ、探偵業を名乗る場合には届け出が必要となっています。自分から探偵業者にトラブル解決を依頼しないように心掛けていても、不正な業者からトラブル解決の勧誘がくることがあります。特に過去に未公開株などで、被害にあったことのある人は要注意です。被害金を取り戻せると持ちかけて、調査費用とされる更なる料金をだまし取られるといった被害が相次いでいます。インターネットの普及に伴い、情報が溢れる中で、消費者自らが自力で情報を得て解決する方法がたくさんあります。また、自分に非があると感じている場合の被害は、なるべく穏便に解決したいと思う人が多いのが事実です。そのような状況をたくみに利用して、探偵事務所を名乗り、相談にのると持ちかけ、不正にお金をだまし取る悪徳業者が後を絶たないのです。


悪徳業者トラブル
Previous post
最悪の事態の未然防止
Next post