興信所・探偵事務所の仕事

興信所とは

女性興信所とは、特定の企業や個人の信用について調査する組織であり、日本では明治時代に大手の銀行グループによって設立されたのが始まりです。

従来興信所が行ってきた業務は、企業から依頼される、雇用に関する身辺調査、取引先の信用調査など、主に経済関係調査です。一方探偵事務所では、個人の行動、例えば浮気、犯罪歴、結婚、行方などの社会関係調査を主に行ってきました。興信所の調査法が調査する相手に直接聞き取りを行った上で、後から裏付け調査を行うスタイルなのに対して、探偵事務所では調査対象の人を尾行したりして行動を監視して証拠を集めた後、裏付けをとるといったスタイルです。

興信所の調査では、調査員が調査対象者に接する場合には、名刺などを提示して身分を明かします。調査内容も、社会的な信用調査という性質上手がかりが多く、ある程度までの調査で済むことが多いので、費用もあまり高額にはなりません。それに対し、探偵は調査内容が浮気や行方調査などの場合が多く、調査対象者に気付かれないように身を潜めながらの調査となります。また、手がかりが充分にはない中で、時間と手間をかけて追跡・聞き込み調査をするので、高額な費用になるのは止むを得ません。しかし、現在ではどちらも法のもとで探偵業の適用を受けている上に、双方の調査内容に垣根がないのが実態です。従って、世間では興信所と探偵事務所の違いを明確にして名称を使い分けるといったことは少なくなっています。つまり、興信所といえば、探偵事務所も含まれ、探偵事務所といえば、興信所も含まれるのが暗黙の了解であるといえます。

参考HP / 調査依頼例


調査依頼例
Previous post
興信所とは
Next post